素敵な言葉

【良い思い込みで二日酔い知らず】

「これはいけないことだ」 

「こういうことはやってはいけない」 

などの、社会通念というものがあります。これは人間が社会生活を営むうえで定められた暗黙のルールですから、当然守るべき事柄です。しかしそのルールにがんじがらめに縛られて、一種の脅迫観念に陥ってしまうこともあります。

 この脅迫観念を「悪い思い込み」と言います。

「仕事がうまくいかない」

「こんなことじゃ身体を壊すんじゃないか」

「今日はついてないなあ」

 などと、ついつい物事を悪いほうにとらえている人が、じつに多いと思います。

 しかし、そんなことはありません。「必ずうまくいく」と思い込むクセをつければ、必ずうまくいくのです。

 極端な例かもしれませんが、たとえばタバコは身体に悪いと言われています。でも私は「これはビタミン剤なのだ」と思って喫煙しています。

 これが「良い思い込み」です。良い思い込みをしていれば、身体に悪いことなどありません。

 これと反対に、

「ああ、また吸っちゃった。ダメだな、オレは」

 などと思いながら喫煙すると、それこそ本当に健康を害してしまいます。これが「悪い思い込み」です。

 お酒にしても同じです。私は、

「お酒で肝臓がきれいになる。胃腸もスッキリ。うん、健康だなあ」

 と思って飲んでいますから、すこぶる健康ですし、二日酔いもありません。

 それではなぜ、世の中の人が悪い思い込みをしているかというと、それまで受けてきた教育や既成概念に「思い込まされてきた」からです。自分がまだ経験していないことを、

「世の中、こういうものなんだよ」

 と教え込まれれば、素直な人ほど、

「なるほど、そうなのか」

 とスンナリ受け入れてしまうのです。そうやって身につけてきた思い込みに縛られて身動きがとれなくなり、心身ともに疲れ果ててしまうのです。そんな悪い思い込みをしてきた自分に、早く氣づいていただきたいのです。

 人はだれでも人間力というパワーをもっています。ただ、それに氣づかない人と、氣づかなくても自然に人間力を上げる方法を身につけている人、そして人間力を知っていてパワーアップする方法も身につけた人とがいるのです。

 悪い思い込みを放棄した人は、すでに人間力が上がっています。あとはどんどんパワーアップしていくだけです。

内尾政明『オーラが輝く魔法の言葉―いますぐ始める“メンタルヒーリング”』より