融通尊寺 - 兵庫県神戸市の縁起の良い「ひょうたんでら - 厄年厄除,家内安全,商売繁昌,身体健康,学業成就,安産守護,家族祈願,交通安全,先祖供養,水子供養,精霊廻向,亡き人への報恩謝徳

ひょうたんでら 融通尊寺 ゆうづうそんじ
融通尊寺からのお知らせ
融通尊寺について
お十夜法会(おじゅうやほうえ)
みんなの広場
あまうが通信
月刊観自在
融通尊寺の節分会
よくある質問
融通尊寺までのアクセス
観音院(かんのんいん)
リンク集
 
融通尊寺
携帯サイト
はこちらから

ひょうたんでら 融通尊寺
〒651-0093
兵庫県神戸市中央区二宮町4丁目8-14
Tel 078-221-5136
FAX 078-221-9256
住職 宇喜多智弘(うきた・ちこう)
HOME >> 今月の言葉

 「自分を責めるのを止めよう」

住職:宇喜多智弘
我々はえてして自分を責めてしまいます。
「こんなことになるのは、私か何々を怠ったせいだ」とか「あの人がああなったのは、私の責任だ」というふうにです。
これは、一見反省のように見えますが、ただ自分を責めているだけです。「反省」というのは、常にその時々で、自分にできる一番よい仕事を見つけることです。

そうして自分を責める替わりに「これは、あんたのせいだ!」と他人を責めるのも、実は自分を責めているのです。
今現在、あなた自身に降りかかっている事柄が納得できなくて、やめにしてほしいのにそれができないから、情けなくて自分や他人を責めるのです。
つまり本当に責めているのは自分のみに降りかかった不幸、すなわち不幸な自分なのです。逆に、相手を許すということは、自分を許すということなのです。

責めるところから生まれるのは憎しみだけです。許すことがすべての幸せの出発点です。
許すということは、むずかしこといではありません。ただ自分の身に降りかかったあらゆる事柄を、幸せなことも不幸なことも、全て大切な宝物だと気付ばよいのです。
そうすれば、不幸も幸福に、悪人も善人に、病気も健康に変わってしまいます。これはウソではありません。この世の中には克服できないほどの苦しみは絶対にありません。
-[今月の言葉]より-

 

 厄年厄除,家内安全,商売繁昌,身体健康,学業成就,安産守護,家族祈願,交通安全、先祖供養、水子供養、精霊廻向、亡き人への報恩謝徳等のお問い合わせはお電話( TEL 078-221-5136 )にてご予約ください。

 

Copyright (C) 融通尊寺 All rights reserved.